YouTube, 動画広告, 映像制作

一眼レフカメラで満足のいく映像は撮れるのか

is-a-dslr-camera-good-enough-for-videos

一眼レフカメラで映像が撮れるようになってしばらくが経ちました!果たして一眼レフカメラで映像撮影は十分にできるのでしょうか?

ビデオカメラvs一眼レフカメラの構図に!増えすぎて悩むカメラ選び

やはり一般家庭では映像の撮影といえば、運動会でお父さんが撮影するような手持ちのビデオカメラを想像するのではないでしょうか?ですがここ10年ほどで写真専用であった一眼レフカメラに動画撮影機能が搭載されて時代は変わってきました。一体どちらのカメラを選べばいいのか?今日はそれぞれの違いについてみていきましょう。

 

ビデオカメラと一眼レフカメラのはっきりした違い

まず、ビデオカメラ(一般家庭でよく使われるカムコーダー)には、内部にズーム機能が搭載されていて、オートフォーカスも早かったりします。撮影中によく動くことも想定されていて内部の手振れ補正機能も最近は優秀なものが多いです。映像のがたつきはやはり映像の敵と言いますか、映像を見づらくしてしまうものなのでスムーズな映像の撮影は、誰しも心がけるべきポイントですね。

ボタンひとつで高倍率のズームができる=簡単に絵作りができる

ということで、三脚に置いたり、手持ちでも問題なく使えるので、汎用性が非常に高く映像を勉強している人には最初はおススメできますね。背景のボケについても発生しにくいので、単純な記録映像には、一般的なビデオカメラで良いでしょう。とこれまでの機能は一眼レフカメラにも付いているんでしょと思った方もいるかと思いますが、実はちょっと違ったりします。

次に一眼レフカメラですが、特徴としては背景ボケが作りやすいカメラとなっております。背景ボケ=美しいという映像の波が来ていますが、確かにあっと驚く映像は一眼レフカメラの方が撮りやすいかもしれません。映画に近い映像が撮れるとも言われていますね。その理由としては、カメラのセンサーサイズが大きいことにあります。ざっくりと言うとセンサーサイズが大きいと背景ボケを大きく出すことができます。それでは、撮影の取り回しの良さは?というと冗談でも良いとは言えません苦笑

まず一眼レフカメラの最大の武器であるレンズを交換が映像だと手間となってしまいます。映像では、一連の続いた映像で色々な被写体を映したいものですが、そもそも途中でレンズを交換しなくてはいけなくなると、そこにカットを入れなくてはいけません。映像のカットが切り替わるときには、必ず意味づけをしていかないといけません。技術的な理由でカットを入れましたということだと見る側がしらけてしまうことだってあります。

一眼レフカメラ=手持ちに弱い

ということも言えます。ですので、例えば映像制作者であれば、それを補強するようなスタビライザー(映像が安定するもの)を使用して、映像撮影のポテンシャルを十分に引き出したりしています。三脚に置いての撮影であれば一眼レフカメラでも使いやすいでしょう。ズームに関してはメカニカルに手で行ったりするので、なかなか思うようにいかないことが多く、そこにはたくさんの技術が必要となってしまいます。

まとめー結局、私はどちらの一眼レフカメラとビデオカメラのどちらが良いですか

映像撮影時に手持ちで行うのか、もしくは三脚にずっと置いて撮影するのか?

写真の撮影もしたいのか?

などを中心に考えてみてください。写真もしっかりと撮りたいのであれば、一眼レフカメラが良いでしょう。一眼レフカメラでの映像撮影は、初心者にとってはチャレンジとなりますが、ボケを活かした映像を撮ってみたいのであればチャレンジしてみる価値はあるかと思います。

ということで今回もざっくりと2つのカメラについて触れていきましたがいかがでしたか?撮影は楽しんで行えば、それが必ず映像の中に活きますので、ぜひとも楽しんで撮影していってください。

Share
Seven Seas Pictures

Seven Seas Pictures