IDEA BLOG映像制作、WEB制作、Udemy、etc

シネマカメラとビデオカメラの違いから見るシネマカメラを選ぶ訳

シネマカメラとビデオカメラの違いは業界人でこそこだわって使っているけれど、一体それって何?今回はそれについて見ていきましょう!

ビデオカメラの特徴は?

一般的にビデオカメラといえば、ハンディカムと言って、運動会でお父さんが手に持つサイズのものから、業務用ビデオカメラと呼ばれるものがあります。記録用途で使われるのに優れています。ただし、背景がぼけにくいという特徴もあります。最近の映像の傾向としては、背景がボケる=オシャレという流れになっていますが(本当はもっと色々な要素関わりますが、、)、一般的なビデオカメラではそれが実現しにくいというが言えます。理由としてカメラ内部のセンサーサイズが小さいことが挙げられます。でも、背景がボケにくいということは、映像内のすべてのものを現実通りに記録するのには優れているということになりますよね?だから子供の成長記録にはビデオカメラが良いとも言えますね。

このビデオカメラのメリットは何でしょうか?一番大きなメリットとしては機動性の高さです。ふとした瞬間にカメラを向ければオートフォーカス機能で撮りたい被写体がすぐに撮れます!また、被写体へのズームインがワンボタンでできるのが実は優れている機能なんです。えっこんなに簡単なことができるのは当たり前じゃないの?と思った方もいるかもしれませんが、それがシネマカメラでは違うんです。

シネマカメラの特徴は?

まずはそもそもシネマカメラって一体何なの?という質問についてですが・・・

超簡単に言いますと、写真カメラのように一眼レンズを搭載したビデオカメラのことですね!これをシネマカメラと呼んでいます。写真の世界では、背景ボケというものが技法として非常に重要視されていますが、それと同じような演出をビデオカメラでも可能にすることができます。綺麗なものをもっと美しく、カッコいいものをより洗練されたものへ。そういったイメージを作るのに非常に優れたカメラです。ですので、CMや映画の世界でも多く使われています。

メリットとしては、フィルムの映画のような質感の映像をデジタルで簡単に実現できるということです。何より被写体の良さを引き出すことができます。

ただし、そこにはデメリットも存在します。それは、

・重い

・ズームは手動で行うものが多い(技術が必要)

・フォーカスは機種によって手動(技術が必要)

と決して一日では使いこなせない難しさが存在します。また、手持ちでの移動にはハリウッドで見るような大きなカメラスタビライザーといったものも必要ですね汗

苦しさの先にある映像美(体験談?)に出会うためにこのシネマカメラを使う人も多いのかと思います。

結果的に言えることは?

記録にはやっぱり優れているのが一般的なビデオカメラですので、個人の趣味レベルでは、まだビデオカメラでも良いのかもしれません!

企業用途の場合は、単純に記録するだけのものであればビデオカメラもしくは業務用ビデオカメラを使用し、企業のイメージを次のレベルへ引き上げるためのものでしたらシネマカメラの使用をオススメします。なぜかというと、映像に差をつけるということを考えたときにひとつの使えるツールとなるからです!

ぜひツールではなく目的に即した映像用カメラ選びをしてみてください!

 

(※画像は私たちが使用しているCanon C500というシネマカメラです)

Ryohei Watanabe
Seven Seas Pictures代表
Udemy 5500+講師

映像制作・WEB制作・写真などの ちょっと役立つ情報を発信します。 現役映像クリエーターでありながら Udemy講師として活動中 わかりやすいコースに定評があり、 現在、一人でも多くの人の 挑戦をサポートできるよう奮闘中!

人気の記事ランキング

CONTACT

MAIL

050-3579-7970

平日10:00-18:00