IDEA BLOG映像制作、WEB制作、Udemy、etc

実写映像かアニメーション映像のどちらが良いの

動画を作る際に実写映像が良いか?もしくはアニメーション映像が良いか?

このことは誰しも一度は考えたことがあるんじゃないでしょうか?

映画館で映画を観る際は、実写映像はハリウッド映画でアニメは日本のアニメを観るなんて人もいるでしょう。
その住み分けのようなものは、映像に何を求めているかによって起こっているかと思います。

アニメと実写映像の違い。これについて、映像制作者という立場から独自の考察を簡単にまとめてみました!

 アニメーション映像のメリット

  • シンプルだから誰でもわかり易い
  • 実写撮影のような莫大な予算や想定外の予算がかかりにくい
  • 難しいシステムやサービスを簡素化できる。モノやサービスだけにスポットライトを当てた動画が作りやすい

アニメーション映像のデメリット

  • 制作者によって映像のテイストが著しく変わってしまう。

実写映像のメリット

  • 人と人とのコミュニケーションを映すことができ、商品使用イメージなどの生活レベルでの情報が伝わり易い
  • 人間の細かい感情まで伝えられる
  • 会社の信頼を得やすい・透明性がよく伝わる

実写映像のデメリット

  • 予算が大きく掛かる場合がある
  • 天候などでスケジュールをコントロールしにくい

どちらの動画を選びたいと思いましたか?

ということで以上がアニメーション動画と実写動画の違いでした!

と本当にここまで簡単に書き過ぎてしまった感はありますが(汗)・・・

結局のところどちらが良いということは断定できないものだと思います。何について動画で伝えたいか?まず、それを考えた上で、今回はこのフォーマットで作るのが伝わり易いという結論に至ります。例えばそれが車のパーツの紹介動画であれば、実際に撮影するのは困難を極め、2Dのアニメーションではとても表現しきれないとなります。そうなったときに、

それじゃあ、3DCGでの動画で制作しよう!

と答えが見つかります。一度、足を止めてみて、結局この動画で何がしたいんだろうと立ち返ればおのずと簡単に答えは出てくるものかもしれませんね。

Ryohei Watanabe
Seven Seas Pictures代表
Udemy 5500+講師

映像制作・WEB制作・写真などの ちょっと役立つ情報を発信します。 現役映像クリエーターでありながら Udemy講師として活動中 わかりやすいコースに定評があり、 現在、一人でも多くの人の 挑戦をサポートできるよう奮闘中!

人気の記事ランキング

CONTACT

MAIL

050-3579-7970

平日10:00-18:00