YouTube, 動画広告, 映像制作

動画を低予算で作るためのアイデア選

low-budget-business-video-making

映像制作には費用が掛かる!と自分で映像の制作を諦めていませんか?実は格安で作れるアイデアがあるのかも!?

[映像制作=お金がかかるもの]という考え方は古い?

映像制作に常について周るのが予算の事。これをしたいけれど予算がないよ、という方に、今回は少しでも節約できる映像制作のアイデアをお伝えします!

1.準備をしっかりする

そんなの当たり前だろ?と映像業界の人には叱られそうですが、ここではあえて初心者の目線で考えてみます。映像を撮りたい気持ちが高まって、よし撮ろう!とすぐに撮影に入ってしまう、これはやりがちですが問題があります。もちろんそれがインディーズの映画製作だったら良いかもしれませんが、ビジネスビデオの場合だと悲惨な結果に終わることも少なくありません。映像制作の最初の段階は、紙に書いたり、ワードを用いてアイデアを書きます。そこにしっかり時間をかけることが実はとても大事です。この段階でかかる費用は最低限しかなく、いくら書き直しをしても費用はかからないに等しい!

一度、制作に入って間違ってしまったものを撮影し直したり、編集し直したりするだけで、費用はかかるものなので、まずはしっかりと「撮りたいものを見極める」作業が予算削減の上でも重要です。

2.尺を短くする

よし今回の映像は3分で作ろう!となんとなく制作映像の尺を決めていませんか?なぜそうしてしまうかというと、「競合会社の映像の長さがたまたまそのくらいの長さだったから」ということがあったりします。気持ちはすごくわかりますが、そこで自分の会社の違いを見せたいのであれば、映像の長さから考え直さないといけません。忙しい現代人は一分一秒も無駄にしたくないという気持ちをもって生活しています。映像自体も一分一秒がすべて活きた時間となるように台本から何から考え抜かないといけません。メッセージが一番伝わりやすい尺はどのくらいか。なんとなく映像の長さを決めてしまっている人は、まず短い尺の中で同じメッセージを伝える方法を考えてみましょう。

3.撮影日数を減らす

撮影日数が多いと映像に携わっている感じがするものです。何日間も映像の現場に出れることって映像のプロにとっても嬉しいことではありますが苦笑

仕事としての撮影の現場には、最低3人はいるんじゃないでしょうか。もし、一日中の撮影となってしまったときにその人達全員の通常業務は停止するかもしれません。また、拘束時間中は食事だって用意することが必要となったりします。

以上を考えると撮影時間をなるべくコンパクトに抑えることが予算の削減にもなります。一日で終わるのであれば一日に撮影をおさめましょう。もし撮影場所的に実現できなそうであれば別のロケーションを考えてみましょう。

撮影日数は短めに、それが低予算を実現する秘訣のひとつと言えるでしょう。

4.カメラは買わない。マイクを買う。

撮影のためには、カメラをどうしようとなる人が多いです。しかし、ごく簡単な座りのインタビュー撮影であれば、スマートフォンだけでも俗にいう良い映像を撮ることができます。三脚などの上に固定するだけでも映像のクオリティが一段上がります。ただどうしてもスマートフォンのマイクには限界がある。そこでスマートフォン用のピンマイクのようなものに投資する方が確実です。

スマートフォンの弱点は録音にありますので、それを補うためにマイクを導入するだけで、低予算撮影セットが出来上がります。

結論

映像と聞いて難しく考える人も多いですが、シンプルに考え、工程を簡素化することで低予算での映像制作を実現することができます。贅沢をして役者に頼んだり、高いスタジオを使用することも良いですが、本質であるメッセージ部分にエネルギーを注ぐことで、低予算でより効果的な映像制作をすることができるでしょう。

Share
Seven Seas Pictures

Seven Seas Pictures